ノートPCの購入時にメーカー保証の追加はつけたほうがいい? 

0
53
img1

ノートPCの購入時に追加した方が良いのか迷うのが有料の保証。

メーカーにもよりますが製品保証の期間に違いがあります。

今回は有料のメーカー保証についてお話していきます。

結論としては有料保証を付けた方が良い! 

いきなり結論からお話していきましたが、パソコンに関しては有料保証を別途付けた方が安心できます。

img2-7045042

一般的に無料保証は1年 

通常、パソコンメーカー各社の保証期間は多くが1年での設定が多いです。

この1年での保証に関しては、通常使用をした場合に起きた自然故障が対象となり、水漏れや落下といった故意に故障した場合は保証の対象に入りません。

一年以後の故障に関しては有料になります 

1年の保証期間が終了した後にもし故障が起きた場合、修理費は有料になります。

故障が起きた場所の交換したパーツにもよりますが、費用がかかる場合もあります。

費用の見積もりを聞いてから修理を行うかどうかの判断をしてもらうといった流れで修理を行うメーカーが多いです。

有料保証を申し込んでいてよかったという例も 

1年経過してから故障が起き、修理に出してみたところ、特殊な工具や分解技術が必要な場所の修理だと高額になる場合があります。

有料保証に入っていた事でこれらの修理代もかからずに修理してもらえたという一例もあります。

他にもパーツ交換の際に電源ユニット内部の交換修理はややお値段がかかる場合があるのですが、これも自然故障で有料保証期間内であれば修理代がかかることはありません。

故障した箇所、修理場所にもよりますが、有料保証を申し込んでおいた方が修理代の心配が少ないというメリットもあるのです。

huaweiでも安心ケアサービスがあります 

img1-1148039

自宅用、普段使い、持ち歩き用、仕事用と各シーンで使い勝手の良いノートPCとしておすすめなhuawei matebook 14 r5があります。

huawei matebook 14 r5を購入する際にもファーウェイ安心ケア「延長保証」の申し込みが可能です。

延長保証の申し込みが出来るのは「2年保証」と「3年保証」の2種類から選べます。

水漏れ、落下のサポートもOKな保証もあり 

自然故障のみの保障以外にはファーウェイ安心ケア「安心保証」があります。

安心保障では、自然故障サポートの他に水漏れサポート、落下サポートも含まれています。

普段から持ち歩きが多い方は安心保証の申し込みが多いです。

huawei matebook 14 r5についての詳細はHUAWEIのサイトでご確認ください。

Leave a reply

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください